K 奮闘記

精神的に向上心のない方の K

アクセス数0ml男は絶対に許せます

夢を見た。アクセスが増えた夢である。その数約 20l 2万アクセス。致死量である。


夢の中では大量にアクセスされ、大量のはてなスターも付き、自分が何か炎上するようなことを記事にしたに違いないと逆に不安になり、何回も記事を読み直していた。世の中にはバズるという言葉があるらしいがうれしさの反面、それ相応の不安もあるのだと実感でき、そういった体験を夢の中でシミュレートできる自分はきっと特別な存在なのだと感じた。


だがしかし、現実はというとブログの来訪者がゼロになって本日で19連敗(19日目)を迎えようとしている。そうなると14日前に書いた前回の記事は、スマホが普及しいつでもネットが見られるこの全世界で全年齢向けの内容でもって公開されているにも関わらず全世界で自分以外だれ一人として読んでいないこととなる。Google検索に引っかかるにもかかわらず、深層ウェブよりもアクセスされていないという圧倒的現実。


有益な記事を書いているというわけでもないがアクセスがないとそれはそれで寂しいのが本音である。このまま一生アクセスされぬままであるかもしれぬ。そうなったら将来の自分の孫にひっそりとこのブログを教えてやろう。なぜなら彼もまた、(2X歳にもなって彼女すらできたことない自分にとってその存在がもはや都市伝説級に危ういものとなるであろうという意味で)特別な存在だからだ。