K 奮闘記

精神的に向上心のない方の K

自動洗浄トイレなるもの

ここ15年ほどで外出時のトイレは和式から洋式へ、ひんやり便座から温便座+ウォシュレット付きへ、しまいには立ち上がると自動で流してくれる自動洗浄機能まで付くなど、トイレはどんどん快適になっていると言えよう。


しかし自分としては自動洗浄機能はいただけない。自分は尻を拭くときは尻をちょっと浮かして拭く派なので、そのとき自動洗浄機能が働いてしまうともう一回紙だけ流すという(トイレ本体にとって)余計な手間がかかってしまう。また、やはり一発勝負でケリをつけたいという、vsトイレにおける現代人の血が騒ぐといった要因もあったりする。


自動で流れるトイレは尻を浮かしたときにウィーンウィーンと音がするのでなんとなく自動で流れそうだとピンときたりする。そういったときは急いで尻を拭いてなんとか自動洗浄に間に合わせるよう努める。遅れはしたもののいったん吸い込まれていった紙を見て「やったか!?」と喜ぶのもつかの間、しばらくして流れきってない紙がプカーッっと出てくる有り様、いとをかし。