読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K 奮闘記

精神的に向上心のない方の K

ネガティブ思考の原因

自分がなんでこんなにもネガティブ思考なのかがわかった気がする。ここ何年も悩まされてきたネガティブ思考の理由に対しておそらく一番しっくりくるであろう仮説が浮かんだ。


何か悩みがあって、そうでなくとももっと漠然とした恐怖感、不安感があって今なすべき作業に対し何も手につかなくなった経験がある人は多いと思う。そのせいで期日に間に合わず自己嫌悪に陥ってさらに気力を失って……という悪循環にはまってしまう。


自分はこの悪循環を繰り返すうちに、いつの間にかその循環を潜在的・無意識的に利用しているのではないかということに気付いた。先にある嫌なことは避けたい。避けるにはどうするか、手につかない状況に陥って同情を誘えばよい。手につかない状況に陥るには気分を落ち込ませればよい。そしてそのためにネガティブ思考をフル稼働させる、というわけである。これが自分のネガティブ思考の原因として最もしっくりくる。


こう考えると、作業の期日が迫るごとに気分が落ち込んでいき、ネガティブ思考に陥る自分の性格、振る舞いであったり、一方で他人の相談に乗るときにはやけにポジティブ思考になるといったことにも説明がつく。他人の行動に自分の面倒くさがりの性格は関係ないのだ。


しかし、だからといってどうすればいいのか。嫌なことは依然として嫌なままであるし、世の中はそういったことで溢れているのである。嫌で嫌で仕方がない。こう書いてても所詮は先述の同情誘いであると思うとなんとも情けなく、悔しく、嫌になる。