読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K 奮闘記

精神的に向上心のない方のK

自殺願望と食事

雑記

去年の年末は気分がひどく落ち込んで「もう何もしたくない」「なんでこんなになってまで生きているのか」とかばっかり考えてた。


自分自身がチキンなのと罰当たりだとか思ったりして自殺についてはあまり考えないようにしていたが、不慮の交通事故でもいい、通り魔でもいい、かわりに誰かが自分を殺してくれたりしないだろうかと考えていた時期があった。


そんなこと考えながらも食事は普通に摂っていたもんだから今考えると結構滑稽だ。死にたい死にたい思いながらモリモリ食ってるって他の命に対して実際かなり失礼というか罰当たりであろう。


そう思い始めてから毎食の「いただきます」と「ごちそうさま」がなんだか丁寧になったように思う。命はただじゃない。自分の命を粗末に考えるのは自分の勝手かもしれないが他の関係ない命まで道連れにしてはいけない、そんな気がするのだ。