K 奮闘記

精神的に向上心のない方の K

大学生活

「その分野は素人なのでよくわかってないのですが...」

GAKKAI フィールドで質問者が行う詠唱の一つとして有名であり、一説によると「ご苦労だった...と言いたいところだが、君には消えてもらう」と同義らしい。発表者は死ぬ。

ネガティブ三昧

家に引きこもるよりはマシという考えからできるだけ毎日研究室に行くようにはしているが、不安やら恐怖やら漠然としたモヤモヤがまとわりつく。ストレスを溜めに研究室に行っているようなものである。

逆張り男の願い

思えば今まで逆張りばかりしてきた。普通の人とはちょっと変わった考えをもっている(と人に思われる)のが心地よかったのかもしれない。

修士2年、夏

「研究とはなんぞや」と最近よく自問するようになった。こういう問いには大体これといった答えがなく、あまり深入りすると†闇†に堕ちてしまう気がするからあまり考えないようにしているが自分の性格上ついつい考え込んでしまう。一種の逃げであるやもしれぬ。

叩かれるモグラの気持ち

ブログが就活関連の記事ばかりだ。これでは大学院生を名乗ってる意味がない。